債務整理で全額返済?おすすめの返済方法とその相談窓口とは

債務整理で全額返済?おすすめの返済方法とその相談窓口とは

653view

2018.07.05

債務整理の方法は大きく分けて4つある!

債務整理の手続きって具体的にどうするの?

計画的に返済を予定していたはずが、借金が膨らみ生活に支障がでる場合、債務整理という手段を取ります。借金減額や猶予を持たせる効果があるので、毎月支払いに苦しんでいる方は一度検討することをおすすめします。債務整理には、大きく分けて4つ方法がありそれぞれメリット・デメリットがあります。

今回ご紹介する方法を、予備知識として持っておくだけで弁護士さんとの話がスムーズに進められることでしょう。自分の判断だけでなく、必ず専門家である弁護士や司法書士にご相談することをおすすめします。

特定調停とは

特定調停とは、裁判所に仲裁に入ってもらい債務整理手続きを行うことです。具体的には債権者と債務者の間に裁判所が入り返済方法について話し合いを行います。

公正な債務整理なので、だれでも受けられる訳ではなく利用できる人には2つ条件があります。1つ目は「減額後に3年以内に完済できる見込みがある」2つ目は「継続した収入の見込みがある」ことです。

裁判所を通しているのでお互いに条件を合意した後、調停調書という書類が作成されます。この書類は判決と同じ効力があり、支払いが滞ると差し押さえ等の強制執行を行うことができます。特定調停は費用を安く抑えられるものの、裁判所を通すので時間がかかること(半年〜1年ほど)、過払い金の取り戻しは行われないことなどから債務者にとってあまりメリットがある方法ではありません。

民事再生とは

民事再生とは、住宅ローン以外の借金を減額する手続きです。任意整理をしてもまだ多額の借金が残っている場合に民事再生することがあります。自己破産の場合だと住宅を売却しなくてはいけませんが、民事再生の場合は、住宅や車を残すことができます。気をつけるポイントは、住宅ローンは減額することはできない点です。手続きは弁護士を通して裁判所に依頼します。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所を通して全ての借金をゼロにする手続きです。最終的に行われる手続きですが、誰でも行える訳ではなく支払い不能と判断された場合です。具体的には負債額、収入額、自動車や住宅などの資産を総合的に判断し返済不能とされた場合、自己破産手続きを進めます。

すべての借金はゼロになりますが、ブラックリストに登録されるので約5〜10年間はローンや借り入れができません。また、国の発行する「官報」に住所氏名が記載されます。会社に借り入れがなければ、会社にバレる可能性は低くなります。しかし、家族には書類や場合によって、住宅を手放す必要があるので内緒にしておくことは難しいです。

任意整理とは

任意整理は特定調停と似ていますが、大きく異なる点が裁判所を通さないことです。今回ご紹介した方法の中で、唯一裁判所を通さず弁護士とのやり取りで完結する方法です。

任意整理のメリットは、裁判所を通さないので家族や会社にバレにくいことや、弁護士が代理人として対応するので自分で直接対応することがほとんどないこと、過払い金の請求も行えるので返済計画が立てやすいなどのメリットがあります。裁判所を通さないので3〜6ヶ月程の短期間で手続きが完了。任意整理は金額にもよりますが、全額返済は3〜5年程かけて支払いを行います。

債務整理の手続き期間、費用について

債務整理の種類で変わる手続き

債務整理について4つの方法をご案内しました。債務整理の方法は分かったけど、それぞれ手続きや期間、費用などどれくらいかかるか不安ですよね。弁護士事務所によって異なりますが、目安となる期間や費用をご案内するので参考にしてください。より詳しく知りたいという方は、弁護士や司法書士の方に確認してくださいね。

債務整理の手続き期間について

任意整理は、裁判所を通さず弁護士とやり取りだけで済むので比較的早く手続きが完了します。その他は裁判所に申し立てが必要になるので半年程度はかかります。

<期間>

  • 特定調停・・・数ヶ月(裁判所へ申し立てが必要)
  • 民事再生・・・半年程度(裁判所へ申し立てが必要)
  • 自己破産・・・半年〜1年程度(裁判所へ申し立てが必要)
  • 任意整理・・・3〜6ヶ月(裁判所への申し立てが不要)

いくらかかる?費用について

手続きの期間が分かった所で気になるのは、その費用ですよね。自分で手続きすることは可能ですが、法律に詳しい方に依頼することをおすすめします。

<費用>

  • 特定調停・・・債権者1社につき500円(税込)(申し立て手数料)+郵便切手代420円(税込)

※個人で手続きができますが、弁護士に依頼する場合は10〜30万(税抜)程度費用が発生します。

  • 民事再生・・・約18万円〜(税込)[内訳 申し立て手数料:1万(税込) 予納金:1万2千(税込) 郵便切手代:4千円~(税込) 個人再生委員に対する報酬:15〜25万(税込)] 

※弁護士に依頼する場合:30〜50万円(税抜) 司法書士に依頼する場合:20〜30万円(税抜)

  • 自己破産・・・約2万〜(税込)[内訳 収入印紙:1,500円(税込) 予納金:1万~(税込)(財産の有無により金額が変動) 郵便切手代:3千円~(税込)]

※弁護士に依頼する場合:20〜90万円(税抜) 司法書士に依頼する場合:15〜30万円(税抜)

  • 任意整理・・・2万~(税抜)(1社につき)

※弁護士に依頼した場合:4万~(税抜)(1社につき)

全額返済後はローンがすぐに組める?

全額返済するとお金の悩みから開放され、気分が晴れやかになりますね。お金が一度スッキリした所で、住宅購入や車の購入の検討を考える方も多いと思います。しかし、債務整理を行った場合すぐにローンを組むことができません。全額返済後から約5〜10年後にローンを組めるようになります。手続きによってローンが組める年月が変わるので事前に確認しましょう。

<返済後からローンの組める年月>

  • 特定調停・・・約5年
  • 民事再生・・・約10年
  • 自己破産・・・約10年
  • 任意整理・・・約5年

ブラックリストに登録されるって本当?

ブラックリストとは事故情報と呼ばれ、ローンの支払遅延や債務整理を行った場合にブラックリストに登録されます。過払い金請求に関しては、ブラックリストに登録されることはありません。ブラックリストに登録されると、信用情報に傷がつきクレジットカード申し込みができず、ローンが組めなくなります。

全額返済には任意整理一括払いがおすすめ?

任意整理一括払いのメリットについて

任意整理は裁判所を通さずに行える手続きで、資産を差し押さえられることがなく、費用も他の手続きに比べると安く抑えられることから、計画的に全額返済に向け進めることができます。任意整理の一括返済も可能です。

例えば宝くじが当たった、遺産相続などでまとまったお金が入るなど予定していなかったお金が入った時、一気に返済することが可能です。債権者との交渉次第で返済額を減額できる場合もあります。精神的にも安定するので一気に支払いを完了させたくなりますね。

任意整理一括払いのデメリットについて

任意整理の一括払いのデメリットは、一括で支払いが終わったとしてもブラックリストは消えません。全額返済後から5年以上経過すれば再度ローンや借り入れができます。まとまったお金が入ってきた場合、「一気に片付けたい」気持ちも分かりますが、生活のことを考えながら一括で支払いができるか慎重に確認しましょう。

万が一、家族がケガで入院、車検など大きな出費に備えておく必要があるので、一括払いをする際はよく考えてから行うことをおすすめします。

任意整理一括払いは2つ注意が必要

一括で支払いを決めた場合、2つ注意が必要です。まず1つ目は、数社から借り入れしている場合「債権者平等原則」を守る必要があります。債権者平等原則とは、一社だけ偏って返済するのではなく数社平等に返済することを指します。

2つ目は、一括払いをするとき債権者に減額交渉することが可能です。債権者側も一気に貸したお金が返ってくるなら減額に応じる場合があります。この交渉は自分で行うこともできますが、法律の知識が不十分な場合、交渉が不利に働く場合があります。弁護士の方に依頼するのがおすすめです。

債務整理の相談はどこがおすすめ?

法テラスに相談しよう

法テラスとは、国によって設立された法律の総合窓口です。借金や相続など法律に関わることに相談に乗り、適した窓口を案内してくれます。借金で弁護士に依頼するのが難しい場合、法テラスへ相談することで無料相談窓口を紹介し、弁護士費用を立て替えてくれることもあります。一人で悩まず、法テラスに相談し、あなたにとって1番いい解決策を一緒に探していきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る